ブックマーク  

 

 
 ヘッドラインニュース          

7月12日の貴州省科学技術奨励大会で発表された情報によると、別名「中国天眼」と呼ばれる500メートル口径球面電波望遠鏡が、パルサーを43個発見したことを明らかにした。新華社が伝えた。(2018年7月12日)

北京時間10日午前、中国は西昌衛星発射センターで、32基目となる北斗測位衛星を打ち上げた。同衛星は対地同期傾斜軌道衛星で、軌道に入り軌道上での試験を終了後、北斗衛星測位システムに組み込まれ、ユーザーにより信頼性の高いサービスを提供していくことになる。(2018年7月10日)

国家ロボット革新センターがこのほど、中国科学院瀋陽自動化研究所で設立された。これは遼寧省に設立された初の国家級製造業革新センターとなる。(2018年75日)

西昌衛星発射センターは27日11時30分、「長征2号丙」ロケットを使い、新技術試験衛星2基を打ち上げた。衛星は無事予定の軌道に入った。(2018年73日)

中国観光研究院は27日、「2018年中国海外旅行発展年度報告」を発表した。統計データによると、2017年、海外を訪れた中国人観光客の数は、前年比6.9%増の延べ1億3100万人に、海外での消費額は同5%増の1152億9千万ドルにそれぞれ達した。(2018年6月28日)

                                        次ページ
 

 UNDPミッションからの評価


営口は今後10ー15年の間に中国東北地区、ロシア中部と東部、モンゴル及び中国内モンゴル等の広範囲における産業物質の集散地として、一つの主要国際港となりつつあります。尚、東北アジア地区の一つ優秀な人材豊富の、そして、経済繁栄の技術都市になる予定。営口の経済開発のポテンシャルを等閑視してはならない。中国の他の経済開発区或は経済特別区と比べて、営口のバックにある工業力、天然資源、技術人材、地理条件、交通等の条件が傑出していると認める事が出来る 。


 
Web japanese.yingkou.net.cn

このホームページに対するご意見、ご感想は fhpi@yeah.net までお願いいたします。
Copyright by Yingkou People's Municipal Government (2006).
HomePage made by Yingkou Information Center.