中国営口(遼寧省)

  ブックマーク  

 

 
 ヘッドラインニュース          

中国科学技術協会が31日に発表した情報によると、世界ロボット大会2018が8月15日から19日にかけて、北京亦創国際会展センターで開催される。本大会ではフォーラム、博覧会、コンテスト、地上無人システム活動が行われる。(2018年8月9日)

中国科学院国家天文台を中心とする科学研究チームはこのほど、大科学装置「郭守敬望遠鏡(LAMOST)」を使い、変わった天体を発見した。そのリチウム元素は同類天体の約3000倍で、現在まで発見されているうちリチウム元素の含有量が最高の恒星となっている。(2018年8月7日)

中国航天科技集団が発表した情報によると、太原衛星発射センターは7月31日午前11時、「長征4号乙」ロケットを使い衛星「高分11号」を打ち上げ、予定の軌道に送り込んだ。同集団は7月に4回の打ち上げ任務に成功した。(2018年8月2日)

連日各国で中国大使館が中国人民解放軍建軍91周年を盛大に祝う行事を催している。来賓は中国軍整備の成果を高く評価し、中国の軍人が国際的義務を積極的に履行し、世界平和の維持に貢献していることを称賛した。(2018年7月31日)

中国は29日午前9時48分に西昌衛星発射センターで、「長征3号乙」ロケット(及び遠征1号上段)を使い、33・34基目となる北斗測位衛星を同時に打ち上げた。これは北斗3号グローバルネットワーク衛星の4回目の打ち上げとなった。(2018年7月31日)

                                        次ページ
 

 UNDPミッションからの評価


営口は今後10ー15年の間に中国東北地区、ロシア中部と東部、モンゴル及び中国内モンゴル等の広範囲における産業物質の集散地として、一つの主要国際港となりつつあります。尚、東北アジア地区の一つ優秀な人材豊富の、そして、経済繁栄の技術都市になる予定。営口の経済開発のポテンシャルを等閑視してはならない。中国の他の経済開発区或は経済特別区と比べて、営口のバックにある工業力、天然資源、技術人材、地理条件、交通等の条件が傑出していると認める事が出来る 。


 
Web japanese.yingkou.net.cn

このホームページに対するご意見、ご感想は fhpi@yeah.net までお願いいたします。
Copyright by Yingkou People's Municipal Government (2006).
HomePage made by Yingkou Information Center.