ブックマーク  

 

 
 ヘッドラインニュース          

中国国家航天局システム工程司の趙堅副司長は珠海市で5日、中国が2020年頃に初の火星探査を実施し、その後さらに3回の深宇宙探査を実施する予定だと明らかにした。科技日報が伝えた。(2018年11月6日)

中国航天科技集団第一研究院への31日の取材にによると、同研究院第12研究所宇宙スマート技術革新センター、宇宙航空スマート制御技術国家重点実験室は29日に、ロケット垂直回収誘導・制御技術の実証実験を行い、成功を収めた。(2018年11月1日)

酸度は果物の味と品質を決める主な要素の一つ。リンゴはなぜ酸っぱいのかという問題について、中国科学院武漢植物園はこのほど、リンゴの酸度の遺伝に関する研究で進展を実現し、リンゴの果実の酸度が形成される複雑なメカニズムを明らかにした。(2018年10月16日)

国慶節(建国記念日、10月1日)の連休期間に、日本の各界が観光やショッピングで日本を訪れる中国人観光客を誘致するため、インターネットを利用して努力を重ねたことが今年の新しい注目点になった。(2018年10月11日)

国慶節(建国記念日、10月1日)に伴う7日間の連休中、多くの人が旅行に出かけた。人工知能(AI)などのハイテクの普及により、人々の外出もより快適になっている。(2018年10月9日)

                                        次ページ
 

 UNDPミッションからの評価


営口は今後10ー15年の間に中国東北地区、ロシア中部と東部、モンゴル及び中国内モンゴル等の広範囲における産業物質の集散地として、一つの主要国際港となりつつあります。尚、東北アジア地区の一つ優秀な人材豊富の、そして、経済繁栄の技術都市になる予定。営口の経済開発のポテンシャルを等閑視してはならない。中国の他の経済開発区或は経済特別区と比べて、営口のバックにある工業力、天然資源、技術人材、地理条件、交通等の条件が傑出していると認める事が出来る 。


 
Web japanese.yingkou.net.cn

このホームページに対するご意見、ご感想は fhpi@yeah.net までお願いいたします。
Copyright by Yingkou People's Municipal Government (2006).
HomePage made by Yingkou Information Center.