ブックマーク  

 

 

□ 中国国家観光局とクレジットカードの世界最大手VISAは北京でこのほど、「2016年米中観光年 中国国家観光局とVISAによる共同推進協力計画」調印式を催した。一連の活動は、米中両国の相互観光訪問、特に米国人の中国観光市場の成長に大きな推進効果をもたらすと期待される。(2016年3月31日)

□ 上海ディズニーランドは28日にチケットの販売を開始した。開園は6月16日。国泰君安証券株式有限公司の予測では、上海ディズニーは初年度に国内外からのべ1200万人以上の来場者を迎え、観光産業に350億元の売り上げをもたらす見込みだ。(2016年3月29日)

□ 中国科学技術大学が発表した情報によると、熊宇傑教授が率いる研究チームは広範な半導体シリコン材料の応用、金属ナノ構造の熱電子注入方法に基づき、近赤外帯で光電変換を行い、力学的柔性を持つ太陽電池を設計した。(2016年3月24日)

□ 世界的なプライベート・エクイティ・ファンドであるアメリカのベインキャピタルが去年10月に実施した調査によると、中国人消費者は世界贅沢品の3割ほどを購入し、依然として世界最大の贅沢品買い手となっている。(2016年3月22日)

□ 商務部(省)の沈丹陽報道官は17日、中国の対外投資と経済協力について報告し、今年1-2月期、中国の非金融類対外直接投資額は前年同期比71.8%増の1959億7000万元(1元は約17.2円)であったと述べた。(2016年3月17日)

□ 中国中車株洲研究所が自主開発した世界最新の列車制御・情報サービスネットワークシステムが、中国の標準的な高速列車に搭載され、時速350キロの走行試験に成功した。これは中国が全面的に国産化・標準化した高速列車に、スマートな「中国の脳」が搭載されたことを意味する。(2016年3月15日)

□ 新エネ車は今や、一般人にも身近な存在となっている。北京汽車の昨年の新エネ車販売台数は2万129台で、前年比265%増となった。これに伴い充電ポールも増加する。北京汽車新エネ車株式有限公司は、今年中に北京で充電ポールを3万基新設する計画を立てている。(2016年3月10日)

□ 瀋陽市政府はこのほど、ロボット産業を奨励・助成する一連の政策を打ち出した。民間資本を導入し、ロボット製造拠点、技術革新・研究開発、メイカー向けサービス、公共試験センターなどの場を設立し、世界クラスのロボット産業拠点の建設を目指す。(2016年3月8日)

□ 中国モンゴルの最大陸路の出入国検問所、二連浩特を経由する中国-欧州鉄道中部ルートは2013年から初の中国欧州列車の運行をスタートして以来、同ルートを通過する中国欧州列車が100本に達した。出入国輸送貨物の総価値は3億ドルを超え、中国と欧州の貿易と往来を絶えず活発化にしている。(2016年3月3日)

□ 駐ウズベキスタン中国大使の孫立傑氏、ウズベキスタン鉄道公社の代表者が現地時間2月27日、一斉にボタンを押した。これにて、中国政府の対外援助プロジェクト、中鉄隧道集団が請け負うカムキックトンネルの貫通が告げられた。(2016年3月1日)

□ 米国立科学財団が今年1月に発表した「科学工学指標」によると、中国の科学技術の世界的な地位は日増しに高まっている。研究開発費、科学技術系論文の産出、ハイテク産業の付加価値額などで世界2位を占め、理工学系人材の育成、風力発電能力で世界一となっている。(2016年2月25日)

□ 第3弾となる中国自由貿易試験区の設立が、早ければ「両会」(全国人民代表大会と全国政治協商会議)後にも承認される見通しだ。今回は内陸部に5~8の試験区が設立される可能性がある。(2016年2月23日)

□ 中国銀聯がこのほど発表したデータによると、今年の春節の連休期間(2月7~13日)には、銀聯ネットワークにおける取引額が3121億元(約5兆4525億円)に達して、前年同期比31%増加し、過去最高を更新した。(2016年2月18日)

□ 経済協力開発機構(OECD)が3日に発表したデータによると、中国の2014年の科学研究費は絶対値で初めてEUを上回り、科学研究費の対GDP比もEU以上を維持した。人民日報が伝えた。(2016年2月16日)

□ 中国中車集団が製造した第2世代大容量キャパシタ無軌道電車2両が、今年10月からオーストラリア南部の都市グラーツの公共交通網を走る予定で、営業テストが行われる。これは中国中車の大容量キャパシタ無軌道電車が欧州連合(EU)市場に進出した初めの一歩になる。(2016年2月4日)

□ ネット通販大手の京東が先日、無人機による配達テストの様子を映した動画を公開した。将来的に京東は段階的に無人機の研究開発と生産を行い、一日も早く無人機による配達の実現を図ると紹介している。(2016年2月2日)

□ 中国科学技術大学が26日に発表した情報によると、同校の潘建偉氏、陸朝陽氏が率いる研究チームはこのほど、半導体量子ドットに基づく高効率・高不可弁別性の単一光子源を世界で初めて実現した。(2016年1月28日)

□ 25日に開かれた全国認証・認可作業会議で発表された情報によると、2015年末までに中国で発行された有効認証書は147万9000枚、認可証書は7592枚に達した。証書および認証取得組織の数は、長年に渡り世界一を維持しており、中国は認証・認可大国になった。(2016年1月26日)

□ 「第37回中国インターネット発展状況統計報告」によると、2015年12月現在の中国のネットユーザー数は6億8800万人、インターネット普及率は50.3%に達し、中国のインターネット人口は国民の半数を超えたことをわかりました。(2016年1月21日)

□ 中国自動車工業協会は12日、2016年の中国の自動車販売台数は、前年比6%増の2604万台(うち中国国内の販売台数が2540万台、輸出台数が64万台)になるとの予測を発表した。(2016年1月12日)

□ 生命誕生前の地球創生期には、少量の酸素、すなわち安定した基底状態の酸素分子が存在した。この酸素はどこからもたらされたのだろうか?中国科学技術大学の田善喜教授の研究チームがこのほど発表した研究結果は、地球創生期の酸素生成の新たなメカニズムを解明した。(2016年1月7日)

□ アジア開発銀行のデータによると、中国は2014年に日本を抜き、アジア一のハイテク製品輸出国になった。ADBが発表した「2015年アジア経済統合報告書」によれば、2014年、アジアのハイテク製品輸出で中国が占めるシェアは2000年の9.4%から43.7%に拡大した。一方、日本のシェアは2000年の25.5%から7.7%に縮小した。(2016年1月5日)

   
 

2017 1 2 3 4 5 6  2018 1 2 3 4 5 6
2016
1 2 3 4  2015 1 2 3 4  2014 1 2 3 4  2013 1 2 3 4
2012
1 2 3 4  2011 1 2 3 4  2010 1 2 3 4  2009 1 2 3 4
2008
1 2 3 4  2007 1 2 3 4 
2006 1 2 3 4  2005 1 2 3 4
2004
1 2 3 4  2003 1 2 3 4  2002 1 2 3 4  2001 1 2 3 4

 
Web japanese.yingkou.net.cn

このホームページに対するご意見、ご感想は fhpi@yeah.net までお願いいたします。
Copyright by Yingkou People's Municipal Government (2006).
HomePage made by Yingkou Information Center.

中国語ネット・ガイド  新華ピンイン―中国語漢字入力ソフト  日本語漢字の読みがな・読み方