ブックマーク  

 

 


ハイテクゾーン                             
中国語サイト

営口市ハイテク産業開発区は(以後、ハイテクゾーンと呼ぶ)、1992年4月に創設し、1994年4月に遼寧省人民政府に批准され、省級ハイテク産業開発区に成りました。

ハイテクゾーンは営口市区の西部に位置しています、東には市区と隣接し、北には遼河と隣接し、西には有名な旧跡西砲台と隣接し、地理条件は非常に卓越している。後背地の営口市区と二つの港に依存して、交通、運輸、通信とも便利です。ハイテクゾーンから車で2時間で瀋陽或は大連国際空港に到着でき、又、1時間以内に営口新港に到着出来ます。区内の通信施設は既に建設終わりました。国内、国際電話、ファクシミリ、インターネット等が広く応用されています。

ハイテクゾーンの総計画面積は15.24平方キロメートル、農地を占用しなくて、移転する事はなくて、開発コストが低い。総体計画が営口市の都市建設部門に設計され、市政府に批准されました。区域の計画が完備され、配置が合理的で、産業区、科学研究区、海外学生創業区、ハイテク創業サービスセンターなどがあります。目下、開発した5.24平方キロメートル区域内の基礎施設が大体完成した(道路、電力、給水、排水、通信、用地のならす)。それぞれの項目が区内に入る条件が備えてあります。数年来、十幾つかの国家と地区、及び国内の投資者が入って、50余りの企業を創立して、満足な利益を獲得しました。

投資分野: 電子、コンピューター、新しい材料、精細化学工業、省エネルギー、環境保全、生物製薬などの技術型、知識型、省エネルギー型、汚染のない企業、研究機構等等であります。


 
Web japanese.yingkou.net.cn

このホームページに対するご意見、ご感想は fhpi@yeah.net までお願いいたします。
Copyright by Yingkou People's Municipal Government (2006).
HomePage made by Yingkou Information Center.

中国語ネット・ガイド  新華ピンイン―中国語漢字入力ソフト  日本語漢字の読みがな・読み方